さて、先日購入したAKAI MPK mini mk3ですが、早速三日ほど使ってみて感じたことを記録しておきます。

まず、Appleとの親和性としては申し分ないです!!
USBに接続すれば勝手にAppleの無料のDAWアプリであるGarageBandがキーボード部分をしっかりと認識してくれました。

さらにキーボード以外の上部にあるパッドの部分、これも使いたい!!
しかし、これは叩いても鍵盤の音が出るだけ。

どのように使うのか良く理解していなかったのですが、調べてたら簡単。
DRUMKITでPADが使えることがわかりました。
自動的に割り当てられていました。

しかし、難点はツマミです。
酒の肴でなく、リバーブなどエコーなどを効かせたい場合のボリュームツマミのことです。

これもせっかくついているので使えるようにするにはどうしたら良いのか調べたのですが、一向にわからない。

結果として、GarageBandではツマミ部分は使うことが厳しいようでした。


そしてわかったこと。
AppleのDAWソフトウェアのGarageBandの上位グレードの「Logic Pro X」(有償版)であれば使えることが判明。

さらに、DRUMKitでのPAD部分への音の割り当ても「Logic Pro X」であればカスタマイズできることがわかりました。

DRUM MACHINE MANAGERで8つのボタンの割り当て内容が表示されます。

EmptyKitではお気に入りの音を入れることも可能。

要するにGarageBandは初級者向け。結局はKORGのMIDIキーボードレベルからスタートする人向けであり、中級者は「Logic ProX」を使えということなのでしょう。
こうなるとせっかく買ったMPKmini mk3をの機能を最大限使ってみたい、そんな欲求を満たすためにAppleの戦略にまんまとハマってしまった筆者でした。