OpenLiteSpeedでWEBサイトを追加(virtual host)

How To Openlitespeed Server

OpenLiteSpeedでWEBサイトを追加する手順について紹介します。

この手順を検索している方は既にApacheを利用したことがあり、OpenLiteSpeedにを知って乗り換えを検討していて、試してみたいという方だと思います。

よってバーチャルネームホストとはなんぞや?などの説明は省略し、画像多めでピンポイントでの手順を紹介いたします。

まずは、WEBサーバ上で運用したいWEBサイトを追加します。
メニューからバーチャルホストの項目へ遷移し、以下の画面のバーチャルホストリストの右端の「+」を押して追加作業をします。

当WEBサイトの設定情報を掲載してあります。
当WEBサイトの設定情報を掲載してあります。
http(非SSL)にアクセスされた場合、httpsにリダイレクトをかけるには、このRewrite項目でルールに以下を追加します。

RewriteEngine On #
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]

Let’sEncryptのサーバ証明書を使用しました。
上記項目へ取得した証明書ファイルのパスを記載します。
保存するとバーチャルホスト一覧に表示されます。
Defaultのリスナー項目でバーチャルホストで追加したドメインが選択可能になります。
リスナーHTTPSでもバーチャルホストで追加したドメインが選択可能になります。

これでOpenLiteSpeed上でのWEBサイトの設定は完了です。