各種言語でHello,WorldをCGIとしてWEBで動かしてみる。

How To Programming

WEBサーバ上のCGI実行可能な環境にファイルを設置してPCからブラウザ経由で閲覧して各種言語でHello,Worldを表示させてみました。
各言語とも標準出力ができれば問題なく実行可能です。

perl

これは基本。昔から掲示板BBSやらアクセスカウンターでCGIとして使われていましたね。

#!/usr/bin/perl
printf("ContentType:text/html\n\n");
printf("<H1>Hello,World!!</H1>\n");

python

#!/usr/bin/python3
print("Content-Type:text/html;charset=utf-8\n")
print("<H1>Hello,World</H1>")

ruby

#!/usr/bin/ruby
print("Content-Type:text/html\n\n")
print("<H1>Hello,World!!</H1>\n")

node.js

#!/usr/bin/node
process.stdout.write("Content-Type:text/html\n\n");
process.stdout.write("Hello,World!!\n");

go

package main
import "fmt"
func main(){
        fmt.Printf("Content-Type:text/html\n\n")
        fmt.Printf("Hello,GO World!!\n")
}

※go buildでコンパイルして出力されたファイルの拡張子をcgiにリネームします。

C

#include<stdio.h>
int main(){
        printf("Content-Type:text/html\n\n");
        printf("Hello,CLangWorld!!");
}

※gccでコンパイルして出力されたファイルの拡張子をcgiにリネームします。

cpp

#include<iostream>
using namespace std;
int main()
{
        cout << "Content-Type:text/html\n\n" << endl;
        cout << "<h1>Hello,World!!</h1>\n" << endl;
}

※g++でコンパイルして出力されたファイルの拡張子をcgiにリネームします。