Lenovo ThinkPad X250をメモリ増設で16GB化、Catalinaでも無事認識。

How To PC Parts ThinkPad X250

筆者の以前のポストでメモリ16GB増設は値段が高いし、一時は断念しました。
が、やはりマックスメモリ積みたいという気持ちが捨てきれずに買ってしまいました。
やはりメモリ最大増設は正義!
男のロマンですねっ!

今回購入したのは日本国内ではなく海外通販サイト(中国)で、なんと気になるお値段は日本円にして8,061円!

おわ!なんという破格プライス!

ならば買うしかないでしょ!というわけでポチっとしたのが9月1日で、届くまで心配ではありましたが空輸されて、川崎の税関を経由して本日無事に届きました!

こんな感じでポストに投函されていました。
袋から出すと箱が潰れていました。。。
今回は電子機器とはいえ、メモリですけど、
やっぱり、中華から空輸って・・・怖いですな。
箱の中はプチプチで梱包されていました。
お店の発送側としてはちゃんと送ってくれていますね。
パッケージ、日本では聞いたことないメーカーですが、大丈夫かな?
パッケージ裏面です。
なにやら規格系のロゴマークあるけど偽物だったらいやだなぁ。
いちおうDDR3L1600で16GBの記載はあります。
では早速 X250に差し替えてみました。
ちゃんと起動するか心配です。
しっかりと奥まで差し込まれているか、念入りに確認します。
電源押したらちゃんと通電しました!!
もちろんBIOS表示もOKで16GBの認識されています。
macOSX Cataina上でも16GBであることを認識していました。

16GB積んでUnityなどのアプリケーションで負荷掛けましたが特に問題ないようですね。Geekbenchも動きました。

ベンチ結果も8GBと16GBのを貼っておきます。
特に差は無いようですね。

やや心配でしたがこの結果に満足です!
ちなみに筆者が今回利用したのはAlliexpressというアリババの通販サイトです。
X250でメモリ16GBを検討されている方、海外通販だとメモリが安く買えますので、諦めないでくださいね。