Hackintoshでintel内蔵wifiを有効にするitlwm.kextの正しい使い方

13 Gen2 Catalina Hackintosh How To macOSX X240 X250

<注意>この記事の情報は古いです。最新手順はAirportItlwm.kextを導入する方法となります。(2020/11/17追記)

これまで何度かitlwm.kextについて紹介しました。
その後、item.kextの正しい使い方がわかってきたので最終的な現在の筆者の環境は以下のようにしています。
(※以前紹介した方法でももちろん動作は問題ありません。)


1)対象のwifiカードがitlwm.kextかitlwmx.kextかを確認。itlwm対応表
2)いずれかのkextファイルを/EFI/EFI/CLOVER/kexts/other/配下に格納
3)Heliport.appをApplications配下に格納
4)自動起動用のplistを/Users/[ユーザ名]/Library/LaunchAgents配下に、com.zxystd.itlwm.plistというファイル名で格納。
※もしLaunchAgentsフォルダがない場合は以下コマンドで作成します。


$ mkdir /Users/[ユーザ名]/Library/LaunchAgents

そして以下コマンドでファイルを編集可能にし、plist内容を貼り付けます。

$ vi /Users/[ユーザ名]/Library/LaunchAgents/com.zxystd.itlwm.plist

自動起動用のplistの内容

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
        <key>Label</key>
        <string>com.zxystd.itlwm</string>
        <key>ProgramArguments</key>
        <array>
          <string>open</string>
          <string>-a</string>
          <string>/Applications/Heliport.app</string>
        </array>
        <key>RunAtLoad</key>
        <true/>
        <key>StandardErrorPath</key>
  <string>/dev/null</string>
        <key>StandardOutPath</key>
  <string>/dev/null</string>
</dict>
</plist>