HackintoshでIntel内蔵Wifiを使うならAirportItlwm.kextが最強!

BigSur Catalina Hackintosh macOSX ThinkPad

タイトルの件、以前に本ブログにてitlwmを紹介しましたが、後継VerのAirportItlwm.kextがリリースされていました。
これを試してみたら最強だったので、改めてご紹介します。

何が最強かと言いますと、MacOS純正のWifi接続アプリケーションとして動作する点です。

今までは以下。

・接続アプリとして独自の「Heliport」というアプリ経由で接続
・Heliportは自動起動しないので、自動起動のLaunchAgent経由で実行

Appleの標準機能と同様に動作しますので、これが不要になります。

Heliportは以下のような画面です。

これが普通に以下のように標準機能のWifiとして扱われます。

導入方法

ItlwmをKextUpdater経由でダウンロードします。

デスクトップ上にKext-Updatesフォルダが作成され、Itlwmのフォルダが追加されます。

BigSurとCatalinaそれぞれのフォルダにAirportItlwm.kextが格納されています。

これをEFIのKextsフォルダに格納します。
(※Opencoreの場合はConfig.plistもAirportItlwm.kextへ修正します。)

注意!itwlm.kextと同梱すると起動しません、上記を実施後、古いitlwmは削除するのを忘れないようにしてください。

そして再起動し、Wifiの接続設定を実施します。
初回実施すれば次回から自動接続されます。

はい、Heliportはゴミ箱へポイ!

<関連記事>
以前書いた以下の記事はもう古い情報になってしまいますね。